ビル

さまざまな試験方法

金属疲労を起こした鉄筋建築物への対処に必要

高度経済成長期の日本において雨後の竹の子のように建築された鉄筋コンクリートの建物の数々は、近年その鉄筋の金属疲労によってその安全性が危ぶまれるようになってきています。もちろん、全ての鉄筋建築物が危険というわけではありませんが、使用されている金属の品質によってはリスクが高いものもあることは事実です。その危険性をある程度予測するために役立つのが金属の疲労試験であり、使用されている金属の疲労試験結果によって、それ以前に立てられた鉄筋建築物のこれからの安全性もある程度予測することができます。実際にその鉄筋が疲労で崩壊し、最悪の事態が起こる前に対処できることで大勢の命や生活が助かることになるでしょう。ただし、予測できたからといって簡単に対処できる問題でもありません。

疲労試験の結果が絶対では無い

金属の疲労試験は、確かにある程度信頼できる結果は出ますが、それはあくまで試験による結果であることを忘れてはいけません。鉄筋コンクリートが使われる建物が、長い時間の中でどのような扱いがされ、どの箇所に集中して負担が掛かっていたなど一般の疲労試験ではとても推し量ることはできないでしょう。疲労試験の結果で予測できるのは、あくまで想定できる範囲でのリスクです。だからこそ金属疲労の危険性が声高に主張されても、多くの古い鉄筋建築物が手つかずのまま対策を放置されています。その建築物の所有者が、自分の所は大丈夫だろうと根拠無く思うケースが意外にも多いのです。この問題を解決するには、金属の疲労試験もさらに信頼できるレベルに向上させることが必要です。様々なケースで想定される金属疲労にも対応することが求められるでしょう。また疲労試験以外にも引張試験などの他の試験の質も向上させる必要があります。

日本の品質管理

日本では徹底した品質管理が行なわれており、疲労試験などで製品の強度や柔軟性を確認するのが主流です。また不良品をなるべく作ることが無いように、製品を徹底的にチェックする場合も多いです。

疲労試験の実施方法

疲労試験を行う際は、試験を行ってくれる受託業者と共に相談することが大切です。また疲労試験を他の企業へ受託する際は、まずインターネットで情報収集を行ないましょう。

素材の選別方法

上質な製品を作り上げる際には、まず最初に製品を作る際に使用する素材を徹底的に確認することが必要です。また品質管理を行う際に、疲労試験はとても重要な作業になります。